『丸太組み』の魅力さまざま−規格モデル&キット&施工実例のご紹介

 
HOMEへ戻る
 ログビルダー&メーカーズガイド お気に入りとして保存      
 
家の中に風を呼び込むことを一番に考えた結果、南面に設けた大きな開口部。
タイトル/おお窓戸の家(おおまどのいえ)
面積/延べ床:112平米
1F:62平米 ・2F:50平米 ・デッキ+ベランダ:32平米
ログの種類/ポスト&ビーム
使用樹種/国産スギ、国産ヒノキ、ダグラスファー
ログ径/直径360ミリ
材工一式参考価格
2500万円(税込)
データID:s0001
クリックすると拡大表示されます
 夜には白熱灯の光が真っ暗闇を暖かく照らし、心を和ませてくれる
画像を拡大
クリックすると拡大表示されます
 既製のI型キッチンとそれに合わせ作った吊り戸棚と食洗機
画像を拡大
クリックすると拡大表示されます
 
画像を拡大
施工可能地域 東京都 / 神奈川県 / 埼玉県 / 千葉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 山梨県 / 長野県 / 新潟県
 
クリックすると拡大表示されます
おお窓からは田園風景が望め、四季折々楽しめるロケーション。 画像を拡大

クリックすると拡大表示されます
窓を開け放つと、部屋からデッキ、庭へとひと続きになる。 画像を拡大
ここがアピールポイント!
採光・通風・眺望を得る事を軸に設計しました。高さ2mの幅8mの巨大な開口を設け、随所に通風の為の窓、壁の上部を開けるなどの工夫をしています。軒の深い屋根形状は、夏場の強い陽射しを遮り、冬場は、おお窓からあたたかな陽光を部屋内まで届けてくれます。夏は、外から戻るとカラッとして涼しく感じ、冬には晴れた日はぽかぽか暖かく、床暖房や薪ストーブが要らない日もあります。
 
工夫やこだわり、苦労した点は?
バルコニーの目隠しは、角度により見え隠れするようになっています。将来もう一部屋ほしくなっても、吹き抜け部分を利用出来る様に構造材を配置しました。室内ドアを引き戸にすることにより、通常は開け放ち、必要なときに閉めることが容易です。また、引き戸のレールは床に溝を彫ったもので、バリアフリーという点だけでなく、見た目にも美しく仕上がっています。
   
建ててよかった!喜びの声
1年を通して風のない日は少ないので、季節ごと、又は、1日の午前と午後でも風向が変わる中、東西南北どこからでも、風が抜ける家です。寒がりな私も、おお窓から入る陽光は暖かく、寝室のドアを開けておくと、寝る頃でも寝室がほんわか暖かくなっています。自然のエネルギーで足りない所を床暖房と薪ストーブで補っています。
ジブログデザイン

〒361-0082 埼玉県行田市大字馬見塚595-2
TEL 048-557-0477
この業者さんの会社情報を見る   この業者さんの他の施工実例を見る